男性もお手入れしておきたい!ムダ毛のセルフケア方法

2019.5.8 / MASTER
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
多少は毛があったほうがワイルドでセクシーだろ?というのは100%男の勘違い。

女性は自分のムダ毛に厳しいのと同様、男性のムダ毛に対してもシビアな目線で見ています。

特に最近はキレイ系の男性が好まれる傾向が強くなり、あちこちムダ毛をぼーぼーに生やしている男性は「小汚い」「不潔」と敬遠されがち。

男性もエチケットとしてムダ毛ケアが必要な時代になっています。

とはいえ、メンズサロンやクリニックの脱毛は敷居が高い…という方も多いですね。

そこで今回は、清潔感&好感度アップ!男性もお手入れしておきたいムダ毛のセルフケア方法をご紹介します。



全身のムダ毛を抜くべき?


そんなにムダ毛が女性から敵視されるならもう全身脱毛しかない!?と思われるかもしれませんが、そこまでやるのはさすがにやりすぎ。

ワイルドさや男性らしさを感じさせるためある程度の毛は必要と思っている女性もいます。

ある調査によると、女性が嫌がる男性のムダ毛は、
 
・耳毛
・鼻毛
・胸毛
・尻毛
・手(手の甲、指)

です。

この部分から毛が生えているだけでドン引きされてしまう可能性大!

そうならないように、上記の場所別に適度なお手入れ方法をご説明します。


耳毛


自分では見えづらい=お手入れしづらい耳ですが、耳毛カッターを使えば簡単。

最初は恐怖感があるかもしれませんが、構造上、刃の部分が直接肌に当たらないようになっているのでご安心ください。

耳の部分をスマホで自撮りしてどこに生えているかをチェックしておけばさらにスムースにお手入れできます。

処理した後も自撮りして仕上がりを確認しておきましょう。


鼻毛


鼻毛は自分ですぐに処理できる場所ですのでご説明する必要はないかもしれません。

ただ、気を付けていただきたいのは「鼻毛を切りすぎない」こと。

鼻毛は、エチケット上は厄介な存在ですが、機能的にはさまざまな重要な役割(ほこりの侵入を防ぐ、温度や湿度を保つ、においをかぎ分けるなど)を担っています。

毎回毎回カットするのは面倒くさいからと奥の方まで鼻毛をバッサリ切ってしまう方もいますが、それは健康を損なうおそれアリ。

面倒くさいからもしれませんが、こまめにはみ出ている先部分の毛をカットするようにしてください。


胸毛


女性が「生理的に無理」と思ってしまうのが男性の胸毛。

とはいえ好きで生やしているわけではないのですから、自分のムダ毛でドン引きされるとつらいですね。

しかし、女性からすると胸元にびっしり生えた胸毛、両胸の間にちょろっと生えた胸毛、乳毛などは、本当に生理的に受け付けられないのです(中にはそれが大好物という人もいますが少数派)。

そのため、普段からどんなものでも胸毛はしっかりケアしておきましょう。

ただし、胸毛の処理にカミソリはオススメできません。

肌を傷つけて肌荒れやニキビ、色素沈着、毛穴の黒ずみなどのトラブルが起こるおそれもありますし、すぐに生えてきてちくちくして肌ざわりもよくありません。

それよりも、除毛クリームや抑毛クリームなどの塗るタイプのアイテムを使うと良いでしょう。
毛を溶かすため仕上がりがちくちくしませんし、生えにくくする成分を含んでいるので次第に胸毛も薄くなっていきます。


尻毛


お尻の毛も女性が生理的に受け付けられないムダ毛です。

肛門まわりにびっしり生えた毛は見るだけでドン引き。

ただ、場所が場所だけに最も処理しづらい場所でもあります。

カミソリは怖いし、デリケートな場所なので除毛クリームなども使いづらい…そんな尻部分にはアンダーヘアの処理ができる「Panasonic ボディトリマー ER-GK60-W」で処理しましょう。
V字形状のヘッドとなっているので尻部分のムダ毛も簡単に処理できます。

このアイテムは全身のトリミングができるので1台用意しておくと安心です。


手のムダ毛


女性は男性の手を意外としっかりチェックしています。

指毛や甲の部分に生えたムダ毛のお手入れはカミソリや電気シェーバーで十分です。

髭を剃るついでなどに一緒にお手入れを行い、スキンケアをするときには余った分で指や甲部分もあわせて保湿しておきましょう。

次第に広がっていた毛穴も小さくなり、男性らしいけれどムダ毛のない清潔感のある手となることでしょう。


セルフでは間に合わない場合は美容脱毛を


人には恥ずかしくて言えないけれど、脱いだらムダ毛があちこちスゴくてセルフケアでは間に合わないんです!という男性は、お金はかかりますが思い切ってクリニックやメンズサロンで脱毛を検討したほうがよいかもしれません。

毎日ムダ毛のお手入ればかりでは精神的にも時間的にも負担が大きくなりますし、それがコンプレックスとなって委縮してしまってはもったいない!

最終手段として、美容脱毛も選択肢にいれておきましょう。



まとめ


男性もムダ毛のお手入れが求められる時代。

ムダ毛なら髭剃りと同様に全部カミソリでごっそりカットすればいいというわけではなく、お肌のケアや安全性、手間、仕上がりの手触りなどもあわせて考えなければなりません。

そのため、カミソリ1本で全身のムダ毛をまるごと剃ってしまおうとは決してお考えになられないように!

今回ご紹介した方法ならご自宅で一人で簡単に出来、しかもきれいに仕上がるはず。

ムダ毛の処理でさっぱりとした清潔感のあるモテ男を目指しましょう。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

NEXT 記事

多少は毛があったほうがワイルドでセクシーだろ?というのは100%男の勘違い。女性は自分のムダ毛に厳しいのと同様、男性のムダ毛に対してもシビアな目線で見ています。特に最近はキレイ系の男性が好まれる傾向が...

あなたにオススメ

ビューティーのアクセスランキング

ページの先頭へ戻る