食事と生活習慣に関係が?!男性の薄毛・抜け毛の悩み

2019.6.13 / MASTER
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

薄毛・抜け毛を考える場合、食事と生活習慣とは深く関わっているといわれています。

健康を気使う人とそうでない人とは食事の内容も違ってきます。

なぜか、食事の内容でも普段の生活習慣までも想像できることは多いです。


薄毛・抜け毛と食事の関係性


メンズの薄毛や抜け毛などでも、よく食生活や生活習慣などが起因しているといわれています。
薄毛や抜け毛の悩みは他人が思っているよりも深刻に悩む人も多いです。

しかし、食生活を変えるだけで薄毛・抜け毛の悩みが減ってくるのであれば、食生活では何が有効なのかをとても知りたくなってきます。

そして、一番に注目したいのが「髪の生成に必要な栄養素」です。
栄養は髪の毛根部にある毛乳頭や毛母細胞に影響しています。

メンズの薄毛でも食事だけが直接的な原因ではないですが、健康な髪のためには頭皮環境や髪の生成に必要な栄養素を食事から摂ることが大切になってきます。
髪に大切な栄養素は、健康のためにもとても必要な栄養素です。
普段から栄養のことを意識しながら食事を摂ることがとても重要になってきます。


髪の生成に必要な3大栄養素とは?


髪の生成に必要な3大栄養素というのは、たんぱく質ミネラルビタミンの3種類の栄養素です。
たんぱく質は薄毛の対策にもなるといわれている栄養素です。

このたんぱく質が足りていないことで、健康な髪は生成できなくなってくるといわれます。
つまり、髪が細くなったり、抜け毛や薄毛の原因になるといわれています。

たんぱく質はアミノ酸からできています。
人間の体を構成するためにはアミノ酸は欠かせないのです。

髪の毛や頭皮も90%以上のケラチンというたんぱく質でできています。

ケラチンを構成しているアミノ酸のうちのシスチン、メチオニンは特に髪によいといわれている成分です。
シスチンに含まれるイオウという成分は髪を強く丈夫にする働きがあり、不足してしまうと、髪が細くなったり、薄毛や抜け毛の原因になります。
食材では牛肉や豚肉、牛乳、サケなどに多く含まれています。

メチオニンはシスチンを生成するアミノ酸で、このメチオニンが増えることでシスチンも増え、より髪の毛を太く丈夫にすることができます。

メチオニンが摂れる食材も牛肉や羊肉、牛乳やレバーなどさまざまです。
とくにメチオニンは体内で合成することができず、積極的に食事から摂取することが大切になってきます。


2番目に髪に大切な栄養素として「ミネラル」があります。
不足すると栄養素として優先順位の低い髪には栄養が回ってきません。
ルミネルは必須ミネラルと呼ばれる16種類がありますが、とくに髪との関わりが深いものが、亜鉛とヨウ素なのです。

亜鉛には薄毛や抜けがの原因になる、5αリダクターゼという酵素を抑制する作用もあります。
そのため、摂りたい食材では生カキや煮干し、豚レバーなどです。

ヨウ素は必須ミネラルのひとつですが、これを摂取するにはワカメなどの海藻類を摂ることが必要になってきます。

ヨウ素は新陳代謝に関わる甲状腺ホルモンの働きを正常に整える働きがあります。
もちろん薄毛や抜け毛などにも効果が期待できる栄養素です。

髪の生成に必要な3大栄養素のうちのビタミンは、ほかの栄養素もうまく働かせるための「つなぎ役」となっています。

ビタミンの働きでは皮膚の代謝や細胞分裂のサイクルを正常にしてくれます。

不足すると髪や頭皮の健康を維持できません。
体内でほとんど生成できない栄養素なので、食べ物からバランスよく摂取することが必要になってきます。
髪に深く関わるビタミンがビタミンAやビタミンB群、ビタミンEなどです。

ビタミンAの働きでは抗酸化作用で老化やガンを抑制して年齢の出やすい髪や頭皮を健康に保ちます。

ビタミンB群は細胞の代謝を促す働きがあり、頭皮環境を整えたり、髪の毛を成長させる効果が期待できます。

また、ビタミンEは末梢神経を広げ血行を促進させますので、頭皮の血行をよくする効果も期待できます。


薄毛の原因となるような偏った食生活とは?


薄毛の原因となるような偏った食生活をしている場合があります。
例えば食生活でもバランスのよい食事を摂らずに過剰なダイエットをしている場合、コンビニ食、好き嫌いが激しい、甘いものばかり、油ものの摂りすぎなどが原因で頭皮環境が悪化する場合があります。
栄養が偏ることなく、食事をバランスよく摂ることで薄毛や抜け予防が期待できます。


まとめ

薄毛・抜け毛対策には食事をバランスよく摂取しなければなりません。

毎日の食事の内容をよくすることで、髪の毛が強く、太くなるというのはほかの体の器官にもよい影響を与えていると考えてもいい感じです。

そういう意味でも髪の毛は健康のバロメーターといってもいいくらいです。


  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

NEXT 記事

薄毛・抜け毛を考える場合、食事と生活習慣とは深く関わっているといわれています。健康を気使う人とそうでない人とは食事の内容も違ってきます。なぜか、食事の内容でも普段の生活習慣までも想像できることは多...

あなたにオススメ

ビューティーのアクセスランキング

ページの先頭へ戻る