洗顔のポイントは「優しさ」!男でも簡単にもっちり泡を作る方法

2019.6.11 / MASTER
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

多くの男性は、自分の肌をさっぱりさせようとゴシゴシと洗顔をしています。
しかし、これでは肌を綺麗にさせるどころか、結果的に肌荒れを引き起こしてしまうかもしれません。
洗顔のポイントはゴシゴシ洗うことではなく、優しく洗うことなのです。
ここでは、優しい洗顔のコツやもっちり泡を作る方法を紹介していきます。


男の洗顔も優しくが基本!


男性は女性に比べて皮脂の分泌量が多いため、顔もテカりやすいです。
そんな皮脂によるテカリやベタつきを抑えるために多くの男性は、洗顔料を手に乗せるとしっかりと泡立てもせずにゴシゴシと手のひらで肌をこすってしまいます。
人間の肌は想像以上にデリケートであり手のひらとの摩擦でもダメージを受けてしまいます。
こういった力任せの洗顔は、余計に肌の状態を悪化させる原因になりかねないのです。


優しい洗顔で脂性肌が改善することも?


ゴシゴシ洗いは、摩擦によって肌ダメージを与えるだけでなく、最終的に皮脂の過剰分泌を促す可能性もあります。
確かに皮脂は 顔のべたつきやテカリ、ひどい時には肌荒れの原因にもなります。
しかし、皮脂は適量であれば肌を外部の刺激から守るバリアの役割も果たしているため、ある程度の量は必要なわけです。

ゴシゴシ洗顔をすると、顔についているたくさんの星が流れ落ちます。
これを肌が「石が流れすぎた状態だ!危険だ!」と判断すると、しっかりとバリアを張るために大量に皮脂を分泌するのです。
その結果、皮脂の過剰分泌が発生し肌荒れなどの原因となってしまうこともあります。

普段から顔のテカリやベタつきが気になる脂性肌の人は、特に普段からゴシゴシ洗顔をしてしまいがちです。
しかし、そういった人の脂成肌の原因は、こすりすぎている洗顔方法の場合もあるのです。
この場合はゴシゴシ洗いを止めて優しい洗顔を心がけることで、洗顔のために程よく皮脂が洗い流され、脂性肌が改善するケースもあります


優しさを生み出すのはもっちり泡!


優しい洗顔のひとつめのコツは、とにかく力を入れないことです。
そしてふたつめのコツが、もっちり泡を作り出すことです。

洗顔をする時は洗顔料を泡立てますが、多くの男性は洗顔料を手に出したら2~3回ほど手のひらで洗顔料を擦るようにして泡立てを終わらせています。
これではほとんど洗顔料が泡立っていません。
手のひらでもっちり泡を作る方法もあるのですが、少しコツがいります。
そのため正しい洗顔をしたいのであれば、ドラッグストアや100円ショップなどで「泡立てネット」を購入するのをお勧めします。

泡立てネットを使えば今までしゃばしゃばだった泡が嘘だったかのように、もっちりとした泡が簡単に作れます。
もっちり泡は、顔の肌とあなたの手のひらの間のクッションの役割を果たしてくれるため、肌が摩擦によってダメージを受けることがないのです。

さらにもっちり泡には、毛穴などに詰まっている汚れを吸着する働きもありますこういった働きのおかげでもっちり泡を作って優しく洗顔をすれば、適度に皮脂が洗い落ちて程よいさっぱり感を得つつ皮脂の過剰分泌も防げるのです 。


洗顔料もあなたの肌に優しいですか?


男性であればメンズ専用の洗顔料を使っていることでしょう。
男性は女性に比べて皮脂の分泌量が多いため、メーカー側も洗浄力の強い洗顔料をメンズ専用のものとして売り出しています。
しかし、メンズ専用の洗顔料の洗浄力は肌にとっては強力すぎて、必要な皮脂まで洗い落としてしまうケースも少なくないようです。

何度も説明していますが、洗顔で大切なのは「皮脂を洗い落としすぎないこと」「必要な分の皮脂を残すこと」です。

普段から洗顔後に肌のつっぱりを感じるようなら、洗浄力が強すぎる可能性があります。
メンズ用の洗顔料の中でも洗浄力の弱いものを選んだり、元々洗浄力が弱めに作られている女性専用の洗顔料を一度使ってみるのをおすすめします。


まとめ

顔のべたつきやテカリをなくしたいがために、 ゴシゴシと洗顔をしたくなる気持ちはよくわかります。
しかし、結果的にその洗顔があなたの肌のべたつきやテカリを悪化させていることもあるのですね。
今日からは洗浄力の弱い洗顔料を、 泡立てネットでしっかりと泡立てましょう。
そして、もっちり泡で優しい洗顔をためしてみてはいかがでしょうか?


  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

NEXT 記事

多くの男性は、自分の肌をさっぱりさせようとゴシゴシと洗顔をしています。しかし、これでは肌を綺麗にさせるどころか、結果的に肌荒れを引き起こしてしまうかもしれません。洗顔のポイントはゴシゴシ洗うことで...

あなたにオススメ

ビューティーのアクセスランキング

ページの先頭へ戻る