カミソリorシェーバー?メリットから考えるベストな髭剃りグッズご紹介!

2019.3.18 / MASTER
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

皆さんも毎朝のひげ剃りで、カミソリや電気シェーバーをお使いのことでしょう。

そんな髭剃りグッズを手にしながらふと「カミソリと電気シェーバーは、どちらの方が髭剃りに適しているんだろう?」と疑問に思ったことはありませんか?


今回はカミソリと電気シェーバーのメリットとデメリットから、どちらの方が優れた髭剃りなのか考えてみたいと思います。


カミソリのメリットとデメリット

昔からの髭剃りグッズとして定番なのがカミソリです。

カミソリのメリット

カミソリのメリットとしては次のようなものが挙げられます


・電気や電池が必要なく、使う場所を選ばない

・深剃りがしやすく、極限まで髭を剃れる

・操作が簡単

・値段が安い

・お風呂の中でも気にせず使える


このようにカミソリのメリットをあげてみると、一番に「手軽さ」が目立つのではないでしょうか。

電気シェーバーだと水に濡れたり何らかの原因で故障してしまうこともあるかもしれません。

しかし、カミソリはいたってシンプルな構造なため、故障して使えなくなるということはまずないでしょう。

あるとすれば、刃の切れ味が悪くなり思うように剃れなくなることくらいです。


また、深剃りしやすいというのは髭が濃い人にとっては嬉しいメリットなのではないでしょうか。

深剃りを追求しすぎると肌のダメージも大きくなるためあまりお勧めできませんが、やはり「肌へのダメージ」よりも「どれだけししっかりと剃れるか」を重視する人のほうが多いでしょうから需要は高いです。


カミソリのデメリット

カミソリのデメリットとしては次のようなものが挙げられます


・肌へのダメージが大きい

・シェービング剤などが必要


上でも少し触れましたが、カミソリは直接刃が肌に当たるためどうしても肌へのダメージが大きくなります。

また、直接刃が肌に当たる関係上、シェービング剤などを使って肌の滑りを良くしないと、髭と一緒に多くの肌の表面部分も削り取られてしまいます。


普段からカミソリを利用している人にとっては、シェービング剤を使うのはなんの苦でもないかもしれませんが、これから髭剃りを習慣化しようとしている人や電気シェーバーから切り替える人は面倒な手間だと感じるかもしれません。


電気シェーバーのメリットとデメリット

次に電気シェーバーのメリットとデメリットを紹介していきましょう。

電気シェーバーのメリット

電気シェーバーのメリットとしては次のようなものが挙げられます


・肌が傷つきにくい

・逆剃りができる

・シェービング剤がいらない


電気シェーバーは、髭を剃る刃が直接肌にあたることはありません。

そのため、カミソリに比べると圧倒的に肌が傷つきにくいのです。

また、刃が直接肌にあたらないからこそカミソリで行うと肌への負担が大きい「逆剃り」もなんの心配もなく行えます。


さらに、シェービング剤を使わないドライシェービングもできるので、車の中などでも気軽に使えます。


電気シェーバーのデメリット

電気シェーバーのデメリットとしては次のようなものが挙げられます。


・本体価格が高く、ランニングコストもかかる

・故障の心配がある

・カミソリに比べると浅剃りになる


電気の力を借りるグッズですから、やはりカミソリよりも本体価格が高くなってしまいます。

また買えば終わりではなく、使い続けるなら替え刃や洗浄剤なども用意しなければいけないため、ランニングコストもかかります。


基本的に値段の高さに性能は比例するようになっているため、安いものだと防水加工があまりされていなく、簡単に故障してしまうこともあります。


刃が直接肌に当たらない分、カミソリよりも浅剃りになりやすいです。

普段から濃いヒゲが立たない人であれば浅剃りでも問題ないですが、濃い人だと物足りないと感じるかもしれませんね。


まとめ

カミソリと電動シェーバーのメリットとデメリットを紹介しましたが、やはりどちらも一長一短です。

ただし、それぞれの特徴を活かして、とにかくしっかりと剃りたいなら深剃りもできるカミソリ、肌荒れをしやすいなら肌への負担が少ない電気シェーバーを選ぶというのもひとつの手ですね。


あなたも自分の要望を叶えてくれる髭剃りグッズを使って、毎日の髭剃りを行いましょう。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

NEXT 記事

皆さんも毎朝のひげ剃りで、カミソリや電気シェーバーをお使いのことでしょう。そんな髭剃りグッズを手にしながらふと「カミソリと電気シェーバーは、どちらの方が髭剃りに適しているんだろう?」と疑問に思った...

あなたにオススメ

ビューティーのアクセスランキング

ページの先頭へ戻る